外壁・屋根塗装をすると、こんなに違う!

外壁・屋根塗装をすると、こんなに違う!

塗装のリフォームは外観を美しくするためだけでなく、住まいを長持ちさせるためにとても大切な働きをします。最近の塗料は進化しており、自らの力で汚れを落としたり、太陽の光で家の中が蒸し暑くなることを防ぐ効果を持つものもあります。また屋根を塗り替えるだけでエコで快適な住まいづくりの向上につながります。

塗料の耐久性能で塗り替えの間隔は変わります

塗料の種類が選べます

塗装の色褪せや汚れ、大きなヒビ割れ、カビやコケなどを見つけたら塗り替え時のサインです。昔の塗料は劣化が早く、塗装し直さなければならない回数が多かったのですが、最近は耐久性能が異なる豊富な種類から塗料を選ぶことが出来、15年以上の耐久性を持つ塗料もあります。

住まいの状態に合わせて塗料を選択

塗料は耐久性が高くなるにつれて価格も高くなります。住まいの状態や築年数などによって、最適な塗装を選ぶことが大切です。壁や屋根のほかにも、窓まわりの木部、雨といなどの金属部分なども塗装が必要な箇所ですので、 塗料の選択は住まいの状態に合わせましょう。

掃除をしなくても塗料が自分で汚れを落とします

自分で汚れを落とす塗料

外壁は雨や風にいつもさらされています。汚れの粒子が雨や風で運ばれ、壁の凹凸に入り込んでこびりついてしまい、汚れてしまします。広範囲にわたる頑固な汚れはなかなか掃除できませんが、最近の塗料は自分で汚れを落とすものが登場しています。いつもきれいな外観が掃除をしなくても維持できます。

雨水で壁の汚れを流し落とす

外壁は雨や風にいつもさらされています。汚れの粒子が雨や風で運ばれ、壁の凹凸に入り込んでこびりついてしまい、汚れてしまします。広範囲にわたる頑固な汚れはなかなか掃除できませんが、最近の塗料は自分で汚れを落とすものが登場しています。いつもきれいな外観が掃除をしなくても維持できます。

汚れを太陽光で分解

太陽や蛍光灯などの光が当たると、表面で強力な酸化力が生まれ、汚れの元になる物質や細菌などを除去する作用を光触媒といいます。この技術を利用した塗料が登場し、汚れ自体をどんどん分解してくれますので住まいの美観を保つことができるようになりました。

色や柄の組み合わせで新築の外観を再現します

カビや藻が生えにくい塗料

住まいが汚れてくる原因のひとつに、カビや藻の発生があります。塗装膜の劣化が進めば進むほど汚れが付きやすくなります。有機成分が昔の塗装には多く含まれていたため、塗装膜を栄養分にカビや藻が成長しやすいものが ありました。最近はカビや藻が生えにくい塗料になっていますので、日当たりが悪く、湿気が多い場所の家でも美しい外観を維持できるようになりました。

カラーバリエーションが充実

最近は選べる塗料の色や組み合わせが増えました。 街並みや周囲との調和を考え、美しく映える色選びができ、1階と2階をツートーンに塗り分けることもできます。また、石材や土壁風に見える柄の塗料もあります。ローラーの種類などで、いろいろな模様をつけることもできます。

屋根のメンテナンスで、快適に過ごせる住空間に

屋根塗装で温度変化による劣化をガード

真夏は屋根に直射日光が照りつけられ熱くなり材料自体が傷んでしまいます。冬場は屋根が最も冷やされ、浸み込んだ水分が凍りついて屋根を劣化させます。ストレート葺きの屋根は塗装を定期的にすることで品質を永く維持することができます。

夏を快適に過ごす

夏には屋根の表面温度が70度にもなると言われています。そのため室内も蒸し暑くなってしまいます。最近は主な熱源となる近赤外線を反射する遮熱塗料とい う商品が登場しています。遮熱塗料は、屋根の温度を15~20℃下げれるため、屋根裏の室内温度も下げることができます。家によっては体感温度を大きく下げる効果があります。

塗り替えで劣化を防ぎ、住まいを長持ちさせます

雨漏りを防止します

塗装の皮膜によって建物の屋根や壁などの建材は守られていますが、皮膜にも寿命があり少しづつ劣化していきます。 塗装膜が劣化すると、下地が金属だと錆び、セメントだと水がしみこむなどの問題につながります。そして、ついには雨漏りに発展することもあるのです。住まいを長持ちさせるには家の耐久性を弱める雨漏りを防ぐことがポイントです。

弾力性のある塗料でひび割れを防ぎます

塗装した塗料がひび割れして水が侵入すると住まいを劣化させてしまいます。弾力性のある塗料を使えばゴムのように伸びて建物や壁の伸縮にある程度対応するのでひび割れを防ぎます。また、塗装の下塗りを厚く塗ることで家の寿命を長持ちさせる効果をさらに高めることができます。

塗り替えは環境にやさしく経済的です

塗料の臭いが無くなりました

昔の塗料は油性の溶剤を使ったものが多く、塗装工事はシンナーの嫌な臭いが立ち込めたり、環境汚染の心配がありました。現在の塗料は水で伸ばす水性塗料が主流になったため、 臭いも無くご近所にご迷惑をかけません。また、水性塗料は大気汚染や引火による火災の心配もありません。

長い目で見ればお得で環境にやさしい

外壁や屋根の塗り替えをすれば、大切な住まいを長く美しく使うことができます。塗装工事の費用は、適切な塗料の選択をすれば建て替えや不要な修理工事をする必要がなくなる分、経済的です。また、住まいの快適性を高め省エネ効果も期待できます。塗装は家の建て替えに伴う廃材を減らし、森林を守ることができるため地球環境にやさしいリフォームです。